デリヘル 福岡 出勤情報、お得割引など

・老いてますます盛ん!シニア向けデリヘル

高齢者社会を迎える日本では全国どこにでも介護ホームやデイサービスを提供する施設ができつつありますが性の問題に関してはタブーとされておりおおっぴらにされておりません。

70歳を迎えて「老人」と社会的にも言われる年代になっても現役バリバリでお元気な男性も多いようです。

性への欲求が閉経とともに減退する女性とは違い男性の場合はアソコの機能さえしっかりしていればいくつになってもヤリたくなる生き物でございます。

最近では驚くことにこういった高齢者のみを対象としたデリヘルなんてものも多く登場しております。

最近ニュースをにぎわせた熟女専門売春クラブの摘発がありましたが、ここに在籍する女性たちの平均年齢はなんと60歳、なかには70歳をこえた「女の娘」もいるそうでいやはや驚きです。

お金を払って女性を抱く風俗においてこのような高齢の女性たちの需要ははたしてあるのでしょうか?

このような超熟女風俗やデリヘルなどを利用する男性の多くも60代以降の男性が多いらしく高齢化社会の縮図がそこにもありました。

若い女性では話が合わない、同世代の女性と過ごしたいという要望から2007年頃より増え続けているという。

風俗の多い街としてしられる鶯谷は別名「おじいさん・おばあさんの原宿」とも呼ばれている通り老人の多い街としても有名です、そのためこういったシニア向けデリヘルが多く軒を連ねているのもなんだか納得がいきますね。

超熟女風俗が繁盛するワケ  ゆっくり丹念なサービスが…

・60を超えても風俗で働く女性達

このような高齢者向け風俗で働く女性達にもそれぞれの事情があるようです。

熟年離婚をしたものの年金に加入していなかった為に老後の蓄えがないという女性や、家賃などの物件の高騰により年金だけでは暮らしていけないといった女性が齢70をこえてこのような風俗店に身を寄せているといいます。

なかには若いころには横須賀などで米兵を相手にご商売をしていた女性が平成の年代にして現役にカムバックしているとか。

シニア向けデリヘルには60歳未満のお客様の利用を禁止しているお店もあるほど、性風俗産業にもシルバーケアの風が吹き始めているようです。

病気などの疾患に対する癒しだけではなく、メンタルの癒し、とくに性のシルバーケアはまだまだ始まったばかりのようでその数は決して十分とはいえない状態です。

今後ともこのようなシルバー向けの風俗は男性女性双方の需要とともに増えていくことでしょう。